足の冷え性 食生活

MENU

過剰な暖めすぎは控えめに


ひどい足先の冷え性にもなると、バスタイムで半身浴をしたり、エアコンやストーブに頼らないことには、寒くてたまりません。
寒い時には外部からの温めは普通のことではありますが、常に外から温めることだけに頼ると、体は熱を発生させようという力が低下していきます。

 

人間は動くことで血行が良くなって、体内の毛細血管は程よく刺激されることになります。コンスタントな刺激は、新他なる毛細血管を増加させていきます。

 

これにより冷え性で悩んでいた人も、だんだんと下半身も温まりやすくなっていきます。外から体を温めることだけをしていて、そのまま運動もしないと、逆に毛細血管への刺激がない状態になります。

 

温めすぎている生活になると、人間の体は自ら温めようと積極的にしなくなります。寒さを感じたら過剰に靴下を履く前に、体をこまめに動かす習慣をつけるといいです。時間にゆとりがあるときなら、床の拭き掃除をするのもいいでしょう。

 

スポーツジムに入会しなくても、家の中の掃除をして代謝をよくできれば、部屋もキレイになりますから一石二鳥です。毛細血管をちょこちょこと刺激して、新たな毛細血管を増やせば、いつの間にか冷え性も消えていきます。
あとは末端冷え性を改善するためのサプリを飲む人も多いみたいですね。

食べ過ぎを見直してみる


食事をすることで体内が温まる印象があるかもしれないですが、おなかの中にいつも食べ物があると、逆に人間の体は冷えていきます。
食事をして消火作業が始まると、血液は胃腸に集中します。1日に3食をしっかりと食べて、おまけにおやつや間食もしていると、おなかの中にはいつも食べ物が入った状態です。

 

血液はいつまでたっても、肝心の下半身には行くことができません。
血液循環が出来にくい環境ですから、レッグラインを中心とした下半身は、冷え性から抜け出せないままです。毎日の食事は、栄養を体内へ取り入れるために大切です。

 

下半身はとっても冷えやすく末端冷え性を改善したいと思ってもなかなか良くならない人も多いのです。

 

しかし回数が多すぎたり、食べる量が過剰であれば、それは冷えをさらに悪化させることになります

 

朝の時間帯は体は排泄モードに入っています。

 

昨日の食事も排泄しやすくするためにも、朝はフレッシュな野菜ジュースにするなど、シンプルな食事で済ませましょう。消化の良い野菜ジュースやフルーツで、気分の良い1日をスタートさせます。

 

そうするとだけも、常にお腹に集中していた血液も、下半身をめぐるようになりますし、足元もだんだんと暖かさを取り戻しやすくなります。小腹がすいたら、白湯をゆっくりと飲んでみるのもいいでしょう。

 

何事も末端冷え性の対策をすることが大切です。
足が冷えていると体全体が冷えてしまうのでしっかり意識しながら対策をしていきましょう。